ロード・エルメロイII世

「Fate/Zero」に登場したウェイパー・ベルベット。彼の約十年後の姿。ライネスより、半ば強制的にエルメロイII世の名を継がされ、教授として生徒たちに魔術を教えつつ借金返済や刻印修復に勤しむ毎日。
彼に関しては「Character material」を参照のこと。「Fate/Apocrypha」世界においても、やはりケイネスと対立、亜種聖杯戦争でライダー、イスカンダルと共に戦いを繰り広げた———ということになっている。
本作終了後、カウレス・フオルヴェッジ・ユグドミレニアもエルメロイII世の教室に合流予定。

Fate/Apocrypha material: Fate/Apocrypha用語辞典
§

いわずとしれた、本編の主人公。
本名ウェイバー・ベルベット。第四次聖杯戦争の、数少ない生き残り。
属性は地。得意とする魔術の特性は解毒。魔術の才能は凡庸だが、魔術を解体する才能には恵まれた、神秘の破壊者。
実のところ、エルメロイII世は知識においてほかの魔術師を圧倒しているわけではない。現代魔術科の学部長となって、アクセスできる資料は膨大なものとなったが、激務の中で読み込める資料の数などたかがしれている。
II世が卓越しているのは、目の前の事象や人物と、知識を結びつける速度と精度である。
何度かグレイが指摘しているように、彼は神秘や事件そのものよりも、むしろ神秘の裏にある魔術師を視ている。なぜ、そのような神秘があるのか、なぜそのような神秘に手を出さねばならなかったのか。彼の鑑定眼とは、結局人を鑑定するものなのだ。
とりわけ「この謎に意味がない」と見切った剥離城アドラの一件は、その特性が大いに活かされた事件と言えただろう。逆に、魔眼蒐集列車編以降、ハートレスを追うようになってからは、この鑑定眼ゆえにハートレスの思惑に引きずり込まれることもあった。謎を解くほど、ハートレスに協力せざるを得なくなる----という追い込み方は、II世の解体に対する極めて有効なハッキング方法だった。
事件簿本編の後、グレイの変化を止めるために、先代のケイネス・エルメロイ・アーチボルトが中途で遺した数々の論文へ、ついに手を出すこととなる。結果としてII世は先代が手慰みに書き散らしていた大量の理論を再解釈・分類統合することになるのだが……。
いつか、『ロード・ケイネス秘術大全』と題される魔導書の始まりであった。

casefile_lord-el-melloi-ii.png
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 material: ロード・エルメロイⅡ世の事件簿用語辞典